大切なペットの火葬・葬儀について

ニュース情報

2014/04/30
一般的になったを更新しました
2014/04/30
人間と同様にを更新しました

癒しの存在

ペットとは癒しや楽しみを目的に人間の日常生活の場において飼育される動物のことである。
猫や犬、小鳥、ハムスター、金魚、熱帯魚などが一般的である。
ペットを飼育すると食事やトイレ、散歩、健康管理など多くの飼育義務が発生する。
猫や犬は20年近く生きることもあるため、今だけでなく長きに渡ってこれらの世話を続けていけるか飼育前に考えることも必要である。
大変なこともあるが、一緒に暮らすことで得られる楽しみ、喜び、幸福感、癒しの効果はかけがえのないものである。

ペットのいる暮らしの長所

mangaiti

暮らしの中に愛玩動物を置くことは、癒しと喜びをもたらし、人々の生活を豊かにするものである。
一般にペットとされるものは犬や猫、小鳥、熱帯魚などが多いが、生活形態や個人の嗜好、その時代での流行などにより変化してきている。
ハムスターやウサギなどのげっ歯類は集合住宅でも飼育可能なため人気があり、小型のワニや蛇などと暮らす爬虫類マニアも増えている。近年はショップでの購入ばかりでなく、飼い主のいない動物の里親に応募するなど、選択の幅も広がっている。

注意点

pet

一般的に多く飼育されている犬や猫以外にも、さまざまな種類の動物がペットとして飼われている。専門ショップやブリーダー、保健所などで動物を引き取ることができる。
動物を育てるうえで注意が必要なのは、最後まで責任を持って飼えるかという点である。また、自身の生活スタイルや住宅環境なども注意が必要である。
賃貸物件などは基本的にペット禁止物件の為、事前に相談するか、動物飼育が可能な物件を探すことが必要である。